*

体験談

出会い女と野外プレイ♪美人局の危険を感じさせるも、格安割り切りだった

投稿日:2016年8月4日 更新日:

最近性欲がどんどんエスカレートしてしまい、それに伴って出会い系で探す女性や募集内容もマニアックな方向に進んでいましたが、ここらで一回初心に帰ってみようと思います。

今回の理想は「普通の人」です。

 

掲示板を探していると普段なら私の出会い系センサーにビンビン来るような女性の書き込みが本日も多数あります。

ですが、今回はそういった募集はパスして、ふと目に着いた「保育士しています」という募集を開いてみます。

保育士

 

希望や条件がしっかり書いてあり、写真も掲載されています。

見た感じぽっちゃりに見えなくもないですが、顔自体はまあまあ可愛いですし、掲示板の常識的な内容をきちんと書き込めるところが気に入ったので今日はこの子にメールを送ってみます。

※…余談ですが、出会い系は常識の欠けた方が多いです。女性も男性も。

そのため、掲示板の書き方ひとつで地雷を見分けることもできますよ!

 

プロフは普通だったのに…全然普通じゃない!(笑)

返信が来ました。

出会った女性のデータ
名前 アカリ
年齢 特徴 25歳 保育士
出会ったサイト PCMAX(R-18)

 

「メールありがとうございます。条件は1です。その代わりホテル代は不要です。というか…野外って興味ありますか?」

 

…ん?

あれ、普通の人にメール送ったつもりなんだけど。一瞬目を疑いました。

 

「屋外って外でってことですか?」

「はい、というかトイレの中でするのが好きなんですが…ダメですか?」

 

…なるほど。私の出会い系センサーはどうやら普通の人をひっかけないようです。

 

ああ、いいですよ。こうなりゃ野外でも露出でもなんでもやってやろうじゃないか!

金額も1と格安だしな!(笑)

 

本当にするんでしょうか…美人局を警戒しながら会ってみると

待ち合わせ

待ち合わせ場所で、いろんな意味でドキドキしながら待っています。

本当にトイレでするのか、とか美人局なんじゃないか、とか。

 

またまた余談ですが、野外を持ちかけられて美人局に遭いそうになったことがあります。

彼氏役が踏み込む時に、ホテルより野外のほうが簡単ですし、逃げられにくいですからね。皆さんも気を付けてくださいね。

 

さて、女性がやってきました。写真通りのぽっちゃり女性。

ぽっちゃりというよりはややポチャですね。そんなに太っていません。

見た感じ野外持ち掛けるようにも美人局をするようにも見えません。

未だ様々なことに半信半疑な私をよそに、彼女は軽く挨拶をして車に乗り込んできました。

 

休みの日はこうやって出会い系で生活費を稼いでいるそうです。

そのくらいしないと生活していけないような給料だそうです。

保育士って大変だな。

 

野外希望の彼女の悲しい理由

かなり自分からしゃべるタイプなのでなかなか話を挟めなかったのですが、ようやく本題。

「なんで野外なの?」

と聞くとアカリちゃんはちょっと表情を曇らせて

 

「まあ、あんまり見た目良くないから。ホテル代かからないで1万円というとそれなりにメールくるんで…」

 

つまり、自分は『ホ別1.5~5』とかで買ってもらえる女性ではない、と言いたいみたいです。

確かに出会い系やる男はケチな人も多いので、野外でホテル代がかからずヤレるとなればそれなりに需要はあるでしょう。

 

しかし、ややぽちゃとはいえ、顔も悪くないですし、出会い系で様々なモンスターたちと出会ってきた私に言わせればホ別1.5でも問題ないレベルだと思いますが…

彼女の問題なので余計なことは言わず黙っておきます。

 

やっぱり野外は悪い意味でドキドキしますね!

公衆トイレ

郊外の道の駅に着きました。

彼女曰く、夜はトラックのドライバーくらいしかトイレを利用しないので絶好のプレイスポットだそうです。

勿論利用するのは男性トイレでも女性トイレでもありません。

高齢者や身体障害者が使用するトイレです。

 

広さもそれなりにあり、清潔なことが多く、人の利用も少ないので確かに絶好のスポットです。

私も実は数回利用したことがあります。

主にプチ(フェラのみなど)ですが。

本番をするのは初めてです。

 

中に入ると自動で電気がつきますが、それだけでびくっとしてしまいました。

外に車の音がするだけでもドキドキします。

本当にこんな状況でHできるんかな…

 

女性の下半身

 

アカリちゃんは便器に腰掛け、私のズボンを下ろしました。

最初は緊張で運ともスンとも言わなかった私の下半身ですが、非日常的な状況でされるフェラに不覚にも大きくなってしまいました。

しばらくすると慣れてきたのか、外の物音にも動じなくなってきます。

大胆に彼女の胸や脚をまさぐったり、彼女の中に指を入れたりしていきます。

 

だいぶ盛り上がったところで彼女は壁に手をつき、バックを要求してきます。

…というかこういった場所ではバッグしかできませんね。

 

ゴムをつけてアカリちゃんの中に入れると彼女は小さく喘ぎ声を出しました。

そしてあわてて自分で口をふさぐそのしぐさに興奮してわざとピストンを大きくしてやりました。

奥を突くたびにリズミカルにあえぐ彼女。

時々隣の男性用トイレを利用する人の物音が聞こえますが、構わず続けます。

 

このままあと30分くらいやっていたいですが、

身長差のある相手とバックを長時間していると太ももがきついです。

あと誰か利用しようとする人がいないとも限らないのでそろそろフィニッシュにします。

最後は外に声や音が漏れるかもしれない、という気づかいゼロで激しく出し入れしてイきました。

…誰かに聞かれたかもしれませんね。

 

やっぱり野外は集中できません

野外

今回は相手からの提案だったので、受けましたが、野外は落ち着かないので苦手です。

やはりホテルで集中してやりたいですね。

とはいえ、全費用10000円は魅力的ですし、野外でもドキドキしない心臓の強い人は是非アポ取ってみてください。

↓野外プレイを探すなら↓

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

-体験談
-, ,

Copyright© 初めての割り切り出会い大作戦!40代からの出会い系サイトで割り切り , 2018 AllRights Reserved.